06
10
12
14
16
18
19
22
27
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別編ラスト「これからも応援し続けます!」

21:TRANSFORMERS EVO.(タオル曲)

ラストに向けての一発目、トランスフォームッ!
タオル振り方難しい。
いや、振付じゃなく、周りを気にしながらがむずい。
この曲もかっこいいなあ。
なんかコメントかぶってるかもしれんけど、かっこいいものはかっこいい。


22:レスキューファイアー

今年だけは爆鎮完了!レスキューファイアーでもよかった気がする。
でもこの曲もいい。
MOTTO!MOTTO!の掛け合い前哨戦みたいな感じかな。
いいなーほんと盛り上がる曲ばっか。
脚がふらふらだったけど今日でつぶれてもいい、ぐらいで飛びました。
爆鎮!完了!!∠(^∇^)


23:VICTORY

これまたライブの定番曲。
サビの掛け合いの一部分も4人だからなのか歌ってなくて、
必死で一人でそのパート歌ってましたw
ここら辺連チャンで来るからきっついきっつい。
ただここの連続でビシビシ来る感じがいいなと思う。


24:Break Out

ブレイクアウッ!
個人的にはこの曲あんまり好きじゃないけど、ライブで聴くと楽しい。
ライブだといいけどCDだと物足りない感じがしてあんま好めないのかもしれない。


25:Rocks

そして、メドレー形式でRocksへ。
昨日ここまで書いて寝落ちしちゃった…。
最初の奥井シャウト遠ちゃんかなーと思ってたら、
福ちゃん→遠ちゃんという鳥肌立ちまくりの出だしでやばかった。。。
遠ちゃんのシャウトっていうかスーパー遠藤タイムは何回か聞いたけど、
福ちゃんの生シャウトは今回初めてだったので、まじで興奮。
もう言葉にできないくらいすごいかったの!


といったたところで一旦区切り。
MOTTO!MOTTO!!のアンコールも全然揃わないけど会場が一つになって叫んでるのはいい。


~アンコール~


26:鋼の救世主

メンバーでてきたー!
ソウルテイカーかな?メシアかな?
とわくわくしてるところにメシアのイントロが!
やっぱこの曲好き。
ほんとに同じことしかかかないけど、
福ちゃんのシャウトがねー、すごかった。
「Stop the War!!!!」
あとこの曲の定番、スーパー遠藤タイム、も今年はやばかったなー。
2009年のやつより長いw
しかも終わった後余裕ってのがもうね…。


27:MC-5

影山さん「いやー長かったなあ。ダニーロングタイム(?)!!」
ダニー「ぁぁ…ゲホッゲホ」
の流れが面白すぎたw
無茶ぶりへの対応力…見習うべきものがある。


28:HERO

影山さんの泣ける台詞の後、一緒に歌おうぜーでHEROスタート。
イントロでもう泣ける。
一緒に口パクしてるだけでもう涙ポロポロでした。
「理想と空想紙一重、今こうして生きてる意味が見えなくなる」
ほんとは全部歌詞書きたいけど、抜粋。
すごいハッとさせられる。
生きてれば苦しいこともあるけど、
それは自分だけじゃなくみんなそれをかみしめながら生きてるんだよね。
いやーこんな詩をかける大人になりたい。
あ、そういえばダニーが少し間奏入るとこでミスってたw
でもダニーも歌いながら泣いてた様で。。。
Only Oneも聴きたかったけど、やっぱHEROが聴けてよかった。


~Wアンコール~


29:MC-6

さーこのライブもそろそろ終わりー。
ほんと3時間なんて一瞬で終わるのがいやでいやでしょうがなかった。
もうSKILLでぶっとんでやろうと決意。
GONGはみんなに歌ってほしい、みたいなこと言われてうわーどうなるんだろー!
みたいな期待感が。


30:GONG(1番のみ)~SKILL

GONG→SKILLのメドレー、なんて贅沢なんだ。
GONGの時メンバー4人がスピーカーかな?の上に立って、
みんなの様子をうかがってたのが印象的。
遠ちゃんは指揮とってたしw
サビ前高すぎて出ない…。
フカと顔合わせて笑ってたなw
この行進曲っぽいGONGのアレンジもいいと思った。

続いてSKILL。
仙台のきただに次長のご当地ネタは、
「ひろせがわっ!」
「ずんっ!っだもっち!!」
「ひとめぼれっ!ヘイッ!!ひろめぼれっ!ヘイッ!!宮城のお米は!ひとめぼれっ!!」
みたいなやつでした。

特に三番目のやつグダグダでおもしろかったw
秋田のお米は!?…ええ、秋田!?みたいな流れがもうつぼw
まじで狙ってないにしろギャグセンス最高じゃないだろうか。

あ、もちろん「I can fly!!~」のところはこれ以上ないくらい飛んできました。
脚ふらふらで着地がおぼつかなかったけど怪我しなくてよかった。
初めて地方来たけどご当地ネタ味わえてうれしかったです。


31:MC-7

いよいよ、次で最後の曲…。
楽しいときは過ぎるの早いね。


32:KI・ZU・NA

今回のアルバムでリメイクされた、初期JAMの曲。
これまたしっとりといい歌詞。
ペンライト振る腕が痛くて痛くてしょうがなかった。
性格には肩がもう上がらん状態だったけど、そこは意地でカバー。
最後の合唱歌詞頑張って覚えていったのに、ほとんど忘れてた…。
でも最後SKILLじゃないのもいい。


~終了後~

終わってからまっつーの誕生日ーみたいな報告があり盛り上がったり、
バンドメンバーおつかれさーんみたいなんあったり。
遠藤さんが舞台にはけてくときステージに向かってふかぶかと礼するのがすごく素敵。
去年初めてライブ行ったときに、それを見て改めて惚れなおしたのを覚えております。

最後の三本締めは賛否両論あるけれど、
仙台みたいにきれいに揃ってるんならありかなー、と思いました。

とにかくライブも終わって燃え尽きました…。
あとは書き忘れてたことをちょこちょこと。
ライブ全体で観客が飛んだりするときに客席が明るくなるのはいい仕様だと思いました。
ペンライトの腕につける部分が取れちゃったので途中から少しこわかった。

以上かな。
補足&ミスあったら訂正コメントよろしく。

来年もライブ行きたいけどいけないだろうなー。
特別編も終わり!
記憶があるうちに自分がしたこと書いておきたかった。
一ヶ月後とかおぼろげだろうし。
これ見てあーこんなことやったーって思うのが楽しみ。



JAMのみなさん、一緒に行った友人その他諸々、

「ほんとにありがとうございましたっ!!」

スポンサーサイト

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。